FMえどがわ「歌姫 明菜へ」(第62回)

FMえどがわ「歌姫 明菜へ」(第62回)
放送日時:2018年6月3日(日) 21:00~21:30





テーマソング「北ウイング」


みなさん、1週間のご無沙汰です。
お元気でしたか?
明菜さんが大好きな、Noah(ノア)です。
明菜さんのヒストリーを含め、明菜さんへの想いと歌で彩る30分。
皆さんの思いが、明菜さんにどうか届きますように。

月が替わって6月。
今年は梅雨入りも早いそうで、季節の変わり目はなかなか落ち着かないですね。
特に2018年は、色々と落ち着かないことばかりでしたが、風の噂によると何やら大きな動きがありそうだとか。
もし、本当だとしたら大盛り上がりになること間違いないのですが。
私は「I hope so」とだけ、明菜さんに伝えたいです。





さて、今宵最初にお届けする曲は、ラジオネーム「おくちゃん」さんからのリクエストです。
今日初めて「歌姫 明菜へ」を聴いています。
Noahさん、初めまして。
大学を首席で卒業されたんですね。
すごいです。
で、早速ですが、3曲リクエストします。
1曲でもかかると嬉しいです。
では、放送を楽しみにしています。

うっかり主席で卒業すると、卒業生代表の挨拶とかさせられますよぉ。
それはそれで、いい思い出になりますけど、大人になるとさすがに恥ずかしいですね。
さて、おくちゃんさんからは3曲リクエストを頂いておりますが、「難破船」「原始、女は太陽だった」「ミ・アモーレ[Meu amore…]」。
このうちのどの曲がかかるのでしょうか。
皆さん、当ててみて下さい。

それでは、突然イントロ、ドン!

1曲目 「ミ・アモーレ[Meu amore…]」
(シングルより)

正解は、「ミ・アモーレ[Meu amore…]」でした。
明菜さん、ありがとうございました。
1985年リリース、11枚目のシングルです。





続きましては、ラジオネーム「ふうた」さんからのリクエスト。
Noahさん、スタッフの皆さん、明菜さんファンの皆さん、こんばんは。
そして、明菜様、36周年おめでとうございます。
個人的に色々あって、4月26日に群馬県から地元京都に戻ってきました。
これからは京都から出来る限り、あちらこちらへ明菜様に会いに行きたいと思います。
それまでは頑張って明菜様貯金を貯めつつ、Noahさん、明菜さんファンの皆さんと一緒にこの番組で明菜様を応援していきたいと思っています。
追伸)
FMえどがわさんにも一度は遊びに行ってみたいと思います。
その折には、宜しくお願い致します。

明菜様貯金、いいですねぇ。
素晴らしい心がけだと思います。
貯金をするのに一番簡単な方法は、家計簿をつけることですね。
ただ、細かくつけると大変なので、100円単位の大まかな金額で構いません。
1年間のお金の流れが見えるだけで意識がだいぶ変わりますよ。
Excelを覚える練習にもなりますので是非、お試し下さい。

それでは、明菜さん、スタンバイお願いします。
「難破船(「バラード・ベスト 25th Anniversary Selection」Ver.)」、どうぞ!

2曲目 「難破船(「バラード・ベスト 25th Anniversary Selection」Ver.)」
(アルバム「バラード・ベスト 25th Anniversary Selection」より)
 

そう言えばこの前、徳島のリスナーさんがFMえどがわに入らっしゃったんですよ。
ちょうどその日、偶然にもNoahも行く予定だったのでお会いできたんです。
徳島からわざわざ。
嬉しかったし、有難かった。
小さな放送局ですので、局の中まではご案内できず、すみませんでした。
皆さんとは、いつもラジオ経由でやりとりしていますが、遠路はるばる訪ねていらっしゃった方にお会いしたりすると、本当にいろんな地域の方々が聴いて下さっているのだなぁと改めて実感し、感謝の気持ちでいっぱいです。





続きまして、ラジオネーム「麻婆豆腐」さん。
リクエストのみを頂いておりますので、まずは曲をお聴き下さい。

それでは、突然イントロ、ドン!

3曲目 「天城越え」
(アルバム「艶華-Enka-」より)
  

明菜さん、ありがとうございました。
演歌メインのカバーアルバム「艶華-Enka-」より「天城越え」でした。
オリジナルは石川さゆりさんが歌われています。
こちらの曲、他にも意外な方がカバーしていました。
ヘビーメタルバンド「メガデス」のギター・マーティーフリードマンさん。
マーティーさんは、今までのキャリアを捨てて、移り住んでしまう程、日本の音楽が大好きだとか。
いつか、明菜さんとのコラボも期待しております。





さて、今宵最後にお届けする曲は、ラジオネーム「のりたま」さんからのリクエストです。
Noahさん、スタッフの皆さん、リスナーの皆さん、こんばんは。
遅ればせながら、番組1周年おめでとうございます。
日曜日の夜9時は、一番楽しみな時間です。
Noahさんの「1週間のご無沙汰です。お元気ですか?」という声を聴くと、なんだかホッとします。
Noahさん、いつもありがとうございます。
今宵は、1984年のアルバム「POSSIBILITY」より「Blue Misty Rain」をリクエストします。
どの時期の明菜さんも大好きなのですが、80年代では特に84年が大好きで、是非「歌姫 明菜へ」で1984年の明菜さんを聴きたいと思った次第です。
どうぞ宜しくお願い致します。

のりたまさん、こちらこそありがとうございます。
お元気ですか?
1984年は、本当に素晴らしい年です。
シングルだけでも「北ウイング」に始まり、「サザン・ウインド」、「十戒(1984)」、「飾りじゃないのよ涙は」と、明菜さんの魅力がまるで宇宙のビッグバンのように膨れ上がっています。
そういう意味では、1984年は中森明菜というひとつの世界、ひとつの宇宙が誕生したと言ってもおかしくない、とFMえどがわのコバナリ先輩なら言うかもしれませんね・・・ネッ、先輩。

それでは、明菜さん、お待たせいたしました。
「Blue Misty Rain」、どうぞ!

4曲目 「Blue Misty Rain」
(アルバム「POSSIBILITY」より)

ミスティーレインって、霧雨のことですよね。
霧雨が降った後は、虹が出やすいとか。
夏には、綺麗で大きな虹が見たいですね。
明菜さん、「I hope so」です。





この番組では、皆さんからのリクエスト、お便りも募集しています。
明菜さんへの想い、明菜さんへのエール、明菜さんのいる風景、想い出など、たくさん、たくさん、お待ちしています。
アテンダントは、明菜さんが大好きなNoah。
心の花束を、小岩から明菜さんに贈ります。
来週もここ北ウイングで皆さんに会えることを願って、さようなら。





「FMえどがわ」は、パソコンやスマートフォン(無料アプリ「Tune In Radio」をダウンロード)でも聴くことができます。

●FMえどがわ公式サイト
http://www.fm843.co.jp/

●Noah(ノア)公式サイト
http://noah.raincolors.jp/


"FMえどがわ「歌姫 明菜へ」(第62回)"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]