FMえどがわ「歌姫 明菜へ」(第47回)

FMえどがわ「歌姫 明菜へ」(第47回)
放送日時:2018年2月18日(日) 21:00~21:30





テーマソング「北ウイング」



みなさん、1週間のご無沙汰です。

お元気でしたか?

明菜さんが大好きな、Noah(ノア)です。

明菜さんのヒストリーを含め、明菜さんへの想いと歌で彩る30分。

皆さんの思いが、明菜さんにどうか届きますように。



先日の「スーパーブルーブラッドムーン」、皆さんもご覧になりましたか?

良く晴れていたので東京からも赤銅色に染まった月が良く見えましたね。

あの幻想的な皆既月食をバックに明菜さんの生歌が聴けたらどれだけ素敵かなぁ、なんて、あの時私は夜空を見ながら考えていました。



~BGM「セカンド・ラブ(インスト)」~



さて、今宵最初にお届けする曲は、ラジオネーム「こも」さんからのリクエストです。


Noahさん、こんばんは。私は、12月25日クリスマスの日に中森さんのディナーショーに初参加致しました。そして、運が良かったのか最前列で楽しむことができました。前日までチケットに書かれていたテーブルと席の番号しか知らなかったため、テーブルの配置を知った時は本当に驚きました。ディナーショーは夢のような時間で今までの人生の中で一番幸せでした。ショーの最中、ずっと涙目で手拍子をしたり、時々振りを真似してみたりしていたのですが、終わったあと何か切れたようにボロボロ泣いてしまいました。心の底からこの場にいつまでも居たいと思いました。一生忘れません。アルバム「明菜」「Cage」を聴いていると、いまだに自然と涙が溢れてしまいます。そんな素晴らしい時間を与えて下さった中森さんの曲の中で、もっともっとたくさんの方に聴いて頂きたいと強く願うものをリクエストさせて頂きます。「CRAZY LOVE」をお願いします。

こもさんからとっても素敵なディナーショーのレポートを頂きました。

ありがとうございます。

押し寄せる感動の勢いが強すぎて、心のダムが崩れてしまったのですね。

でも、溢れてしまった感動の水は、こもさんの大切な宝物。

私もこの素晴らしい時間がさらに長く続くように、番組を通して明菜さんの魅力をお伝えできたら嬉しいです。



それでは、明菜さん、お待たせいたしました。

「CRAZY LOVE」、どうぞ!



1曲目「Crazy Love」(48thシングル)



~BGM「セカンド・ラブ(インスト)」~



ビートの効いたテンポの良いメロディーは、聴いていてとても気持ちいいですね。

明菜さんご本人が、「Miran:Miran」の名義で作詞されているので、歌詞に込められたメッセージを考えてみるのも面白いです。





続きましては、ラジオネーム「ふうた」さんからのリクエストです。

Noahさん、明菜さんファンの皆さん、こんばんは。今までは聴き専でしたが、皆さんに刺激されて初めてメールさせて頂きました。今回、宇都宮のディナーショーに行きましたが、早い時間に会場に着いたので奥さんに冗談半分で「ひょっとしたら明菜ちゃんがリハーサルやっているかもしれないから見てきたら?」なんて言ったら、奥さんがいつの間にかいなくなっていました。そして、ようやく戻ってきたかと思うと「リ、リハーサルやってた!まさに明菜ちゃんだった!」なんて興奮しながら言っていました。こんなことなら余計なことを言わずに私がこっそり行ってくれば良かったとちょっと残念というか、奥さんに嫉妬した出来事でした。ちなみにその時、リハーサルをしていたのは「ひらり-SAKURA-」だったそうです。さて、リクエストは「ステキな恋の忘れ方」をお願いします。

これはラッキーでしたねぇ。

というのも、最近は情報がすぐに拡散してしまうこともあって、イベント会場の入場時間も厳しく管理されているそうです。

そういう意味では、奥様は非常にラッキーだったと思います。



それでは、明菜さん、準備は宜しいでしょうか?

「ステキな恋の忘れ方」、どうぞ!



2曲目「ステキな恋の忘れ方」(カバーアルバム「Belie」より)



~BGM「セカンド・ラブ(インスト)」~



カバーアルバム「Belie」から「ステキな恋の忘れ方」でした。

オリジナルは薬師丸ひろ子さんが、1985年にリリースした曲です。

映画「野蛮人のように」の主題歌で主演も務められていました。

ちなみに、薬師丸さんが歌手活動をスタートしたのも明菜さんとほぼ同じ時期なんですよね。





さて、続きましては、ラジオネーム「のび太くんと静香ちゃん」さんからです。

とちらはリクエストのみを頂いておりますので、まずは曲をお聴き下さい。



「カタストロフィの雨傘」、どうぞ!



3曲目「カタストロフィの雨傘」(アルバム「バリエーション<変奏曲>」より)



~BGM「セカンド・ラブ(インスト)」~



アルバム「バリエーション<変奏曲>」より「カタストロフィの雨傘」でした。

スローテンポな曲で、こうした複雑な感情を表現するのはかなり難しいのですが、当時17歳の明菜さん。

それをここまで表現できているということは驚きです。





さて、今宵最後にお届けする曲は、ラジオネーム「MM」さんからのリクエストです。

Noahさん、こんばんは。Twitterで明菜さんを応援するラジオがあると知り、いつも楽しく聴かせて頂いています。明菜さんの楽曲は、オリジナルも素晴らしいですが、カバーも負けていません。原曲のイメージを壊さず、明菜さんの世界観を奏でる楽曲も本当に素敵。私は「学生街の喫茶店」をリクエストします。明菜さんの曲を聴いて、オリジナルを聴き、フォークソングにはまってしまいました。明菜さんの歌を通して、いろんな音楽に出会いました。これからもたくさんの音楽を私に教えて欲しいです。

MMさん、この番組を見つけて下さって、ありがとうございます。

カバー曲からオリジナルの歌を辿って行くのは楽しいですよね。

明菜さんが、どこに魅力を感じてその曲を選んだのか。

そういうことを考えながらカバー曲を聴いてみるのもいいかもしれません。



それでは、明菜さん、宜しくお願いします。

「学生街の喫茶店」、どうぞ!



4曲目「学生街の喫茶店」(カバーアルバム「フォーク・ソング2~歌姫哀翔歌」より)



フォークソングの名曲、ガロの「学生街の喫茶店」をカバーしたこちらの曲は、カバーアルバム「フォーク・ソング2~歌姫哀翔歌」に収録されています。

元の曲にとらわれない新しいアプローチのアレンジは、明菜さんの魅力たっぷりなので、もっともっと皆に聴いてもらえると嬉しいな。





この番組では、皆さんからのリクエスト、お便りも募集しています。

明菜さんへの想い、明菜さんへのエール、明菜さんのいる風景、想い出など、たくさん、たくさん、お待ちしています。

アテンダントは、明菜さんが大好きなNoah。

心の花束を、小岩から明菜さんに贈ります。

来週もここ北ウイングで皆さんに会えることを願って、さようなら。









「FMえどがわ」は、パソコンやスマートフォン(無料アプリ「Tune In Radio」をダウンロード)でも聴くことができます。

●FMえどがわ公式サイト
http://www.fm843.co.jp/

●Noah(ノア)公式サイト
http://noah.raincolors.jp/


"FMえどがわ「歌姫 明菜へ」(第47回)"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]