キャッチコピー(シングル編)

昨年末、紅白歌合戦で電撃復帰を果たした中森明菜さん。

1月にはシングルとカバーアルバムのリリースで盛り上がり、気がついたらもうすぐデビュー記念日(5月1日)がやってきます

現時点で公式サイドから何の情報も出てこないということは、ユニバーサルもファイスもデビュー記念日はスルーということなのかな…

ちょっと寂しい気もするけど、明菜さんの体調のこともあるし、こればかりはしょうがないですね。

ただ確実に言えることは、オリジナルアルバムが発売出るということです・・・今年中?には。

NHKの特番の中で、明菜さん本人もかなり自身アリな雰囲気だったので、とにかく期待して待つことにしましょう



で、ここからが本題になります。

今回は、中森明菜さんのシングルにつけられたキャッチコピーについて紹介していきたいと思います。

2006年10月29日のブログ記事でもキャッチコピーについて書いていますが、今回はそれに加筆修正をした形になります。


「スローモーション」
ちょっとエッチな美新人娘(ミルキーっこ)!




「少女A」
危険な素敵が、してみたい。




「セカンド・ラブ」
少女は、ふたたび恋をする。


「1/2の神話」
時代がドキドキしてる


「トワイライト~夕暮れ便り~」
さりげなくドラマティック・・・


「禁区」
いつだって、スリリング!


「北ウイング」
地球の果てまで明菜人(あきなじん)




「サザン・ウインド」
南回り明菜直行便


「十戒(1984)」
明菜は時代のモーゼになった


「飾りじゃないのよ涙は」
明菜の中に無限の宇宙を見た。
無限宇宙 自由な彗星。明菜!!




「ミ・アモーレ」
囁くまえに、抱きしめて・・・ミ・アモーレ


「赤い鳥逃げた(12インチ)」
もうひとつの『ミ・アモーレ』・・・赤い鳥逃げた




「SAND BEIGE-砂漠へ-」
こころが渇いたら、明菜。
明菜らしく




「SOLITUDE」
都会の夜の孤独(ソリテュード)。しみるよ・・・明菜。




「DESIRE-情熱-」
衣がえ じだいがなんだか きゅうくつそうだから・・・




「ジプシー・クイーン」
いつだって、明菜はジプシーさ。


「Fin」
私はいつでも愛がほしい


「ノンフィクションエクスタシー(カセット)」
今世紀最高のシングルカセット、遂に登場!!




「TANGO NOIR」
地球が寒いから・・・タンゴ




「難破船」
女は毎日生まれかわる。

 



「AL-MAUJ」
ひらひら、みだら・・・

 



「TATTOO」
未来永劫、愛しなさい。




「LIAR」
そして、また夢を見る。




「Dear Friend」
空が、空で。海が、海であるように。ここに、明菜。




「Everlasthing Love」
明菜って感じ。




「The Heat-musica fiesta-」
情熱のRhyme、灼熱のClime、めくるめくラテンのグルーヴに咲き誇る情熱(パシオン)の花、明菜のFiestaが、今 始まる!


「DIVA Single Version」
”歌姫の伝説は終わらない”


キャッチコピー(アルバム編)


"キャッチコピー(シングル編)"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]