AKINAのリアルタイム・レポート TIME&DAY

1985年の雑誌に掲載された、当時のスタッフによるインタビュー記事です。

BITTER AND SWEETツアーやアルバム「D404ME」のレコーディングなどの秘話になります。

※雑誌名がわからないので、もしご存知の方がいらっしゃいましたら情報提供を宜しくお願い致します。



明菜には「愛がある」んだよ。とってもね。

明菜は“歌謡界のモンスター”だと思う。モンスター明菜は、最新アルバム「D404ME」をチャート1位にして、今年の夏も“BITTER AND SWEET”と題したコンサート・ツアーを大成功におさめた。

WHY?なぜなの?明菜はその手に魔法(マジック)を持っているわけ?とても知りたい。

“明菜パワー”の仕掛人、3人のスタッフに彼女の“現在(いま)”をじっくり語ってもらった。

まずは所属事務所、研音のコンサート担当者角津さんの話から――。

彼女のコンサートは演出家がいないんですよ。そうね、彼女自身が演出家っていえるかな。自分で自分のコンサートの演出をやっちゃう、これはすごいことだよ。

だから、コンサート全体の責任者は明菜。曲順、構成、MC、セットなどは、僕や舞台監督と。衣装なんかはスタイリストと、って感じで、いつも明菜とだれかが打ち合わせする。明菜が中心。

あの子のコンサートって、とても温かいんだよ。すごく心(ハート)がある。手抜きなんて絶対しないしね。今回のツアーは風邪をこじらせて大変だったから、ステージの前にいつも「抑えて歌えよ!」っていうわけ。「わかってる、わかってる」なんて言うんだけど、始まるともうダメ。全力でワーッと歌っちゃう。正直なんですよ。今、この瞬間というものに、ものすごく力を入れる。またいい明かり、いいセットを送りこんでやれば、120%以上のものを返してくるアーティストだね。

ステージの明菜って、体で反応するタイプ。1回、1回ステージ回数を増すごとに動きが違ってくる。ビデオ見て自分の動きをよく研究してるし、(あ、ここはこんな明かりがきてるのか…)って気づくと、その明かりに自分の動きを合わせちゃう。状況把握が早い。どんどんステージが変わって毎回ドキドキするから、おもしろいよ。

今回のツアーでは「愛がある」「愛がない」っていう言葉を明菜がはやらせたんだよね。たとえば、照明さんがいいかげんなスポットをあてたりすれば、「あ、あの明かりは愛がない」とか言うわけ。お互いにそんな言い方で注意したり、ほめたりするの。いい方法でしょ(笑)。

明菜は器用な子じゃない。だから、ひとつひとつ丁寧にやる。「今日、この会場に来てるお客さんみんなが、私のステージに納得してくんないとヤだ!」って子なの。だから、わかってもらえる努力をすごくしてるね、あの子なりに。

それに、まわりのスタッフにあれだけ緊張感をもたせる子っていないね。人の動きもよく見てるよ。「あのとき全然音が聞こえなかった」とかビシバシ言うもん。彼女によって育ってきたスタッフも多いと思う。

とにかく、明菜が20歳を迎えた今年のツアーは僕にとっても思い出になったよ。

画像




ヘッドホン越しに僕らは緊張しあってるよ。

そして、レコーディングの話をワーナー・パイオニアの石崎さん(ミキサー)に――。

僕は「サザン・ウインド」からのつき合いですね。だから、アーティストとして完成された明菜に出会ったわけ。初めは、あの子の呼吸がわからなくってね、とまどった。

明菜が今、何をしてほしいのか。たとえばヘッドホンをかぶって歌をうたってるとするでしょ。顔見てれば、音のバランスが悪いのかなとか、ボリューム上げてほしいのかなとか、わかるよ。顔の表情で通じあえるし、もちろん言葉も大切。そんなに技術面のこと知ってる子じゃないから「音が硬い」とか、そういう伝え方するんだけど。

非常に勘のいい子だから、こっちがちょっとおかしいなと思ってると、向こうもそう感じてる。だから明菜が何を考えているか、ちょっとずつ先を読んであげるようにすればいい。

「D404ME」も、新しい分野に挑戦したぶん、彼女も苦労したんじゃないかな。風邪というアクシデントもあったし。だけど音入れは順調だった。回数で歌う子じゃないから、ものすごい集中力でバーッと歌う。そのピリリとした雰囲気が、ヘッドホン越しの声で、歌で伝わってくるんですよ。こっちも緊張する。彼女が曲に感情移入してるときは、ものすごく神経を遣いますね。

そうだね、プロだからやるときはピシッとやる。でも気分はリラックスしてっていう感じで、レコーディングは明菜のお気に入りのスタジオでやってる。

第一線で活躍しているアーティストって、僕たちにもすごい影響力を与えるんだよね。ホントによく勉強してるし。僕が一番さぼってるかもしれない(笑)。明菜なんて、もう↗(こん)な感じで成長してるでしょ。僕たちは→(こん)な感じだから、、グズグズしてると置いてきぼりにされてしまう。

彼女はアイドルの域を超してますからね、“いっしょになって作っていく”という感じがものすごくします。明菜は歌い手であり“ひとりのスタッフ”だから、「いいものをみんなで作ろう」っていう気持ちをものすごく持ってる。新曲の「SOLITUDE」も彼女気に入ってるし、これからもいいレコード作りたいと思ってますよ。



「この曲、どうだ!」が最高におもしろい。

最後の締めは、名パートナー、ワーナー・パイオニアの藤倉ディレクターの話を――。

「D404ME」はバラエティーに富みすぎているくらい、いい作品に恵まれたLP。曲はいっぱい集まったし、いい曲、インパクトのある曲をメーンに選曲したら、ああいう形になったわけで、ちょっと選曲を違えたら、また全然別のアルバムになってただろうね。

彼女には歌唱力がある。だからなんでも歌いこなせる。なぜかっていうと、歌の心(ハート)がわかるんだよね。スタジオでいろいろ話をしてて「この曲はここがポイント!ここが命だね」って明菜が言うんですよ。それで僕が作家と話してて「藤倉さん、この曲で僕が魂入れたのは、ここですよ。この1行!」っていうわけ。それがピッタリと一致する。明菜にはちゃんとわかってる。曲の心(ハート)をつかんでるんだよ。これは彼女の持って生まれた感性だね。

レコーディングでは、歌い方のパターンをいくつも持っている。おもしろいんだけど1曲の歌入れをするとき、まず練習するでしょ。その時はメロメロなわけ。自分の歌い方をさぐっているんだよ。でも、本番になって「さ、いくよ」で1発歌うでしょ。もう完璧に自分のものになってる。でき上がってる。

彫刻でたとえれば、初めから安全に丸く切っちゃうんじゃなくて、雑だけどボンボン切っていっちゃうわけ。そして、そのラフの作り方みて、新しい板持ってきて、また作りだす。そのときはどういうふうに作るか決まってるからね。迷いがないからね、スパッと作れる。そして最終的にすごいもの作っちゃうんだ。そんな子。

明菜には限界は感じない。「この曲はアイツ、絶対歌えないや」とか思ったことないね。「BABYLON」っていう歌だって、そう。「この曲、どうだ!」って持っていくと向こうも乗ってくれて、それを期待以上のできで歌ってくれる。だから今ね、ホントすごくおもしろい。

ビジュアル的にも秀れているもの持ってるし、自分の見せ方知ってる。ジャケット・コンセプトとかさ。自分をプロデュースする力がすごくある。

こっちが欲ばっちゃうね。今度はこんなことしてみようとか。これをぶつけてみようとかさ。やりたいことはいっぱいある。

僕は、彼女のこと“アイドル”と思ってませんから。“シンガー”だと思ってるし、“スター”だと思ってるからさ(笑)。ま、おもしろいもの作りますから、楽しみにしててください。


[今日の壁紙]

前回と同じ、写真集「Cross My Palm」からです。
PC用の壁紙(Full HDサイズ)になります。
左からノーマルver、モノクロverです。

画像 画像



[リリース情報]


Mariya's Songbook(初回盤)

明菜さんの「駅」と「OH NO, OH YES!」が、2013年最新デジタルリマスターで収録されます!
初回盤のみ竹内まりやver.の「ミック・ジャガーに微笑みを」他ボーナストラック4曲を収録。


ソングライター・竹内まりやの提供曲ベスト!
80年代アイドルから現在まで、竹内まりやが多くの歌手に提供してきた楽曲の中から選ばれた30曲。
2013年最新デジタルリマスターで蘇った、そのオリジナル・アーティストによる歌唱音源の数々。
誰もが待ち望んだ初のコンピレーションCDが2枚組で遂に完成!!

・初回盤のみ竹内まりや本人のデモ・バージョンなど、レア音源をボーナストラックとして収録!
・竹内まりや:選曲・監修・全曲想い出エピソード付き
・全曲2013年最新デジタルリマスター

発売日:2013年12月04日
価格:\2,940(税込)
規格番号:WPCL-11618/9



"AKINAのリアルタイム・レポート TIME&DAY"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]