今さら「ドラマティックレイン」

最近、中森明菜さんと稲垣潤一さんがデュエットした「ドラマティックレイン」を良く聴いてます。


実は、この曲がリリースされた時は着うたフルでダウンロードしていたんですが、この夏にケータイからスマホに変えてしまったために着うたフルが聴けなくなってしまって、CDを購入したというわけです。


どうせならということで、カラオケディスク付きの限定盤を購入。


↓これがそのCDです。

画像


画像


画像


画像


明菜さんにゆかりのある方たちも、演奏&コーラスで参加しています。


E.ギターには、「フォーク・ソング2」の編曲を担当した、鳥山雄司さん


トロンボーンには、「ムード歌謡」の編曲を担当した、村田陽一さん


コーラスには、「水に挿した花」の作曲者、広谷順子さん


など。


明菜さん以外の楽曲をフルで聴くのは今回が初めてたっだんですが、全体を通して良いアルバムですね、この「男と女」って。


中でも、小柳ゆきとの「悲しみがとまらない」のハモリは見事でした!


これをカラオケでデュエットするのはかなり難しいんじゃないでしょうかね。


でも、最初から通しで聴くと、ラストの明菜さんとの「ドラマティックレイン」だけ突出してます!


稲垣さん自身の曲というのもあるんでしょうけど、明菜さんとの声質がとても合っていて聴いていてほんと心地いいんですよねぇ。


男と女-TWO HEARTS TWO VOICES- Special Edition




"今さら「ドラマティックレイン」"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]