5年越しで実現した中森明菜の悲願

オリコンに「歌姫ベスト~25th Anniversary Selection」に関する記事が掲載されています。

記事はこちら↓
http://www.oricon.co.jp/news/confidence/40897/

まぁ、記事の内容としては、矢沢永吉の「チャイナタウン」を

やっとカバーできることになったというものなんですが、

その中でちょっと気になった(というか楽しみな)部分がありました。

「歌姫」は明菜のカバーアルバム3部作シリーズだったが、カバーアルバムでベストアルバムが発売されるのは初のケースだ。発売のユニバーサルミュージックは「25周年を迎え、新たな中森明菜は、ボーカリスト明菜を前面に出していく。その第1弾が今回のアルバム」という。

というところ。

「ボーカリスト明菜を前面に出していく。その第1弾が・・・」

「その第1弾が・・・」!?

ということは、やっぱり今年もいろんなことを企んでいるんですね。

楽しみだ

この「歌姫ベスト」で一区切りをつけて、さらに新しいボーカリストと

しての明菜さんを見せてくれるということでしょうね。

今年もツアー前にオリジナルアルバムが発売されるのかな

その前にシングルか。

ま、いずれにせよ今年も明菜さんから目が離せませんね。


歌姫ベスト~25th Anniversary Selection~(初回限定盤)(DVD付)



"5年越しで実現した中森明菜の悲願"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]