「ノクターン」別歌詞

アルバム「D404ME」に収録されている「ノクターン」の別歌詞バージョンです。

当時のFC会報より。


「ノクターン」

指がちぎれるほどに 無理にはずした指輪
嬉しそうに鈍く光って見えた

あなたの頬かすめて 見なれた壁に消えた
手短かに別れの音が響く

戸惑うあなたの言葉は 逃げ場所がなく
落とした嘘で終わり

夜は いつもと同じ
ビロードの甘さ 嘗めながら

※黒いリボンをかけた さよならが
記憶の中を 時間の中を 後戻りする

感のいい女ほど 幸福にはなれない
いつからか そう思うようになった

疑うことに慣れて 背を向けるのに慣れて
気がつけば 哀しみの息づかい

溢れる私の涙は 迷うことなく
あなたを曇らせてる

愛が はがれて行く
マニキュアの色を 残しながら

※Repeat(Two Times)




"「ノクターン」別歌詞"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]