明星 YOUNG SONG(ヤンソン)シリーズ アルバム編 第6弾「BITTER AND SWEET」

36年前の今日4月3日は、アルバム「BITTER AND SWEET」の発売日ということで、「明星 YOUNG SONG(ヤンソン)シリーズ アルバム編」第6弾は「BITTER AND SWEET」をご紹介します。

このアルバムに収録されている曲については、映像作品として残っているものも意外と多く、

明菜さん初のライブ映像作品「BITTER & SWEET 1985 SUMMER TOUR」には、
ロマンティックな夜だわ」「BABYLON」「予感」「DREAMING」「SO LONG」「APRIL STARS」を収録。

他には、DVD-BOX「中森明菜プレミアムBOX ルーカス〜NHK紅白歌合戦&レッツゴーヤング etc.」に収録された「ヤングスタジオ101(1986.09.07放送)」の「DREAMING」「予感」なども。

残念ながらDVD-BOX「中森明菜 in 夜のヒットスタジオ」では未収録となってしまいましたが、「夜のヒットスタジオDELUXE(1986.01.15放送)」で「恋人のいる時間」も披露してくれました。


明星198506_YS_BITTERANDSWEET
「月刊明星」1985年6月号付録 YOUNG SONGより


華やかに恋愛遊戯(アバンチュール)

時には激しく、あるいは甘く。新たな魅力をちりばめて、明菜が繰り広げるファンタジック・アバンチュール・・・。



色とりどりの作品集。明菜のチャレンジ精神に拍手!!

レコーディングに際して、明菜がはじめてこのアルバムの曲を耳にしたとき、興奮のため顔が赤らんだという。チャレンジ精神が人一倍おう盛な彼女だけに、これまで歌ったことのないタイプの曲を聴いて、相当な意気込みを持ったようだ。


タイトルのとおり、A面は、詩もホロ苦くサウンドもやや過激なBITTERサイド、B面は、ぐっと甘い雰囲気のSWEETサイド、2つの明菜の世界が、色とりどりのサウンドにのせて繰り広げられる。


A-1は、シングルをニュー・バージョンで収録。「ちょっとニューヨークっぽいノリで遊んでみた」作品だが、肩の力を抜いた分だけシングルより軽みが出て、かえって新鮮な出来。A-2の安っぽいディスコ・サウンドも、明菜はうまくツボを押さえて歌い込んでる。またB-1、B-4に収められた2つの角松作品も、ディレクターは「難しいリズムの曲を、よくぞここまで歌ってくれた」と太鼓判を押す。


しかし、なんと言っても注目はA-5。明菜自身最も気に入って、レコーディングを最後にとっておいたという作品。妖しげなムード漂う刺激的なナンバーで、ずい分勉強を重ねたらしく、英語詩もなめらかだ。またひとつ、明菜の冒険精神が実を結んだよう。



a10.jpg
[収録曲]
01 飾りじゃないのよ涙は(ニュー・リミックス・ヴァージョン)
02 ロマンティックな夜だわ
03 予感
04 月夜のヴィーナス
05 BABYLON
06 UNSTEADY LOVE
07 DREAMING
08 恋人のいる時間
09 SO LONG
10 APRIL STARS

  


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

  • マヤ菜

    コラージュみたいな感じで楽しい。これもすごくいいです。歌本最高!
    2021年04月06日 03:19
  • yuki

    まさ様、こんばんは。
    「BITTER」がA面で「SWEET」がB面だとは初めてしりました(^-^;
    明菜さんがアイドルからアーティストになったアルバムだと思ってます
    2021年04月13日 23:40
  • まさ@anfunsite管理人

    >yukiさん

    >「BITTER」がA面で「SWEET」がB面だとは初めてしりました(^-^;
    おぉ~、そうだったんですね!
    ジャケットを見ると表側には「BITTER」とだけ書いてあって、ジャケット裏は「AND SWEET」と書いてあるんですよね。
    使われているジャケ写も表がビターな感じで、裏面がスイートな雰囲気になってます。
    2021年05月01日 20:23
  • まさ@anfunsite管理人

    >マヤ菜さん

    >コラージュみたいな感じで楽しい。これもすごくいいです。歌本最高!
    この当時のアイドル雑誌とかってアナログ感満載だけど、なんかいいですよね。見ていて楽しいです。
    2021年05月01日 20:43