明星 YOUNG SONG(ヤンソン)シリーズ アルバム編 第3弾「POSSIBILITY」

「明星 YOUNG SONG(ヤンソン)シリーズ アルバム編」の第3弾は「POSSIBILITY」です。

前作のアルバム「ANNIVERSARY」から5カ月ぶりにリリースされた7thアルバム「POSSIBILITY」。

80年代の明菜さんにしては珍しくシングル曲が2曲収録されており、「リ・フ・レ・イ・ン」は「北ウイング」(再発売盤)のB面としてもリリースされました。

1985年に開催されたライブツアー「BITTER & SWEET 1985 SUMMER TOUR」では、アルバム「POSSIBILITY」から3曲(「ドラマティック・エアポート-北ウイングPARTⅡ-」「October Storm-十月の嵐-」「Blue Misty Rain」)を披露してくれましたが、残念ながらビデオ化された時に3曲ともカットされてしまいました。

明星198412_YS_POSSIBILITY.jpg
「月刊明星」1984年12月号付録 YOUNG SONGより


84年のスタイルに区切り。シングルにない持ち味を!!
今年の元旦に発表した「北ウイング」から、アウト・ドア感覚の新しい路線を切り拓いてきた明菜。着実にビッグ・ヒットを生み続ける彼女の堂々とした歌いっぷりに、ひとまわり大きくなったオンナを感じている人も多いはずだ。
そんな1年を締めくくるとともに85年へむけての可能性を探っているのがこのニュー・アルバム。
「玉置浩二、高中正義らのF&R系の作家陣に頼んで、シングルとは違う明菜のキャラクターを引き出そうとしました」と担当ディレクター。確かにA-2(秋はパステルタッチ)などは、「十戒」とは異なった、高中持ち前のサウンドにアプローチする明菜が新鮮だ。また、B-1(哀愁のMidnight)ではポップなボサノバに、B-4(Blue Misty Rain)では長い英語詞の曲も聴かせるなど、これまでにない試みがいくつも・・・。
そして、B-5(ドラマティック・エアポート-北ウイングPARTⅡ-)は「北ウイング」の続編で、この曲が今年の明菜にとってひとつの区切りになりそう。
「トップの座をキープするんじゃなくて、いつもいつも挑戦者のつもりじゃなきゃならないと思うんだ。だから新しいことをやりたい」という明菜。ニュー・シングルは、初顔合わせの井上陽水が作曲。またまた彼女が変貌を遂げるぞ。




[収録曲]
01 サザン・ウインド
02 秋はパステルタッチ
03 October Storm-十月の嵐-
04 リ・フ・レ・イ・ン
05 地平線(ホライゾン)
06 哀愁のMidnight
07 十戒(1984)
08 白い迷い(ラビリンス)
09 Blue Misty Rain
10 ドラマティック・エアポート-北ウイングPARTⅡ-



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

  • yuki

    まさ様、こんばんは。
    ツアーのセットリスト等が分かればまた楽しみもありますよね。
    ライブの完全版の発売を望みます。
    2020年10月11日 19:10
  • まさ@anfunsite管理人

    >yukiさん

    1985年ツアーと合わせて、1987年と1988年のツアーの完全版も見てみたいですね。
    2000年ライブのように資料用として撮影していた映像でもいいから1986年のライブも商品化して欲しいです。
    欲を言い出したらキリがないですね^^;
    2020年10月14日 21:37
  • マヤ菜

    すごくいいです!
    2020年10月23日 22:04