明星 YOUNG SONG(ヤンソン)シリーズ アルバム編 第1弾

以前、当ブログ記事で紹介していた「明星 YOUNG SONG(ヤンソン)シリーズ シングル編」が終了したので、今回からは「アルバム編」をお届けしたいと思います。

アルバム編は、順不同でアップしていく感じになると思います。



今回は、アルバム編の第1弾として「ファンタジー<幻想曲>」を紹介します。

ファンタジー<幻想曲>」は、1983年3月23日にリリースされた、中森明菜さん3枚目のオリジナルアルバム。

1stアルバム「プロローグ<序幕>」、2ndアルバム「バリエーション<変奏曲>」に続くデビュー3部作の最後を飾るアルバムになります。

このアルバムに収録されているシングルは、前年にリリースされ大ヒットした「セカンド・ラブ」の1曲のみ。

ただ、前年のデビュー年に2枚のオリジナルアルバムを矢継ぎ早にリリースしているため、収録シングルが1曲のみというのもうなずけます。

それにしても、デビュー1年も経たないというのに、すでにシングル4枚、オリジナルアルバム3枚、ミニアルバム1枚を発売しており、新人といえども、かなりハイペースなリリースサイクルでしたね。

花の82年組同期の中でも、シングル、アルバムともに飛び抜けた売り上げを記録しており、デビュー1年目にして明菜人気を不動のものにしました。

シングル売上データ Part.1 「スローモーション」
シングル売上データ Part.2 「少女A」
シングル売上データ Part.3 「セカンド・ラブ」
シングル売上データ Part.4 「1/2の神話」
アルバム売上データ Part.1 (1982~1984)


明星198305_YS_02~08_ファンタジー<幻想曲>(カラー).jpg
「月刊明星」1983年5月号付録 YOUNG SONGより




このいち枚に明菜のすべてがつまっている。
デビュー1年、いまや”時代の先頭をつっ走っているスター”といってもいい明菜。そんな彼女のできたてホヤホヤの最新アルバムをお届けしよう。「少女A」のハード・ロックから、「セカンド・ラブ」のバラードにいたるまでジャンルを超えた、新しい音楽に挑戦しようとする、いわゆる”ニュー・歌謡曲”のすべてが、このいち枚につまっている。過去の2枚のアルバムと、”3部作”を組むこのアルバムには、1年間の明菜の成長のあとがパックされている。明菜の最新情報も入ったこの特集で大研究しよう。

明菜自身はいまなにを聴いているか?
休日は、もっぱら部屋の中にとじこもって音楽を聴いていることが多いという明菜。清瀬の実家では、お姉さんの影響でカーペンターズとか矢沢永吉の曲を聴いていた。明菜のもっともお気に入りのアーチストは松任谷由実。1月のコンサートにも出かけて、他の観客といっしょになって、立ち上がってノリまくっていたほど。好きな曲は、「最後の春休み」とか「魔法の鏡」。「女のコの気もちをよくつかんでいるのよ」って、絶賛。明菜のラジカセには、いまユーミンの最新アルバム「リ・インカーネイション」が入っている。ほかにドナ・サマー、アル・ジャロウなどポップスも大好き。「グリース」などのロックンロールも聴くのだ。



[収録曲]
01 明菜から・・・・・・。
02 瑠璃色の夜へ
03 アバンチュール
04 にぎわいの季節へ
05 傷だらけのラブ
06 目をとじて小旅行(イクスカーション)
07 セカンド・ラブ
08 思春期
09 Moreもっと恋して
10 アイツはジョーク



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント