「AL-MAUJ」は佐藤隆「デラシネ」のカバーではなかった!

かなり前に『「AL-MAUJ」はカバー曲』(2007/03/11)という記事を書いたのですが、どうやらこれは間違いだったようです。

昨年の2018年12月12日に配信限定リリースされた佐藤隆さんのDemo Trackのみを収録したアルバム「En2」のライナーノーツ(公式サイトに掲載)で言及されています。

もともと「AL-MAUJ」は中森明菜さんのために制作された楽曲でしたが、当時の明菜さんはとてもたくさんの楽曲の中からシングル候補曲を選曲していたこともあり、その時は残念ながら「AL-MAUJ」はシングルとして選ばれなかったとのこと。

そこで佐藤隆さんは、曲が使われないんだったら自分のアルバム用(「水の中の太陽」)に歌おうと思い、作詞の大津あきらさんに詞に書き換えてもらったそうです。

それがアルバム「水の中の太陽」に収録された「デラシネ」という曲。

しかし、次のシングルとして明菜さんが「AL-MAUJ」を発売したので、「AL-MAUJ」は「デラシネ」のカバーという誤解が広まってしまったということらしいです。

佐藤隆さんのアルバム「水の中の太陽」の発売日が1987年7月ということを考えると、1987年の夏前には「AL-MAUJ」は既に完成していたことになりますから、「難破船」とシングル争いをしたのかなと推測できますね。

それにしても、こんなにクオリティの高い楽曲がたくさん集まってきていた80年代というのは本当に贅沢な時代でした。


■佐藤隆オフィシャルサイト
http://www.takashisato.com/









人気ブログランキングへ  
1日1回、ブログランキングの応援宜しくお願いします

この記事へのコメント

  • けん

    本当に80年代は最高でしたね。洋楽も素晴らしかった。
    2019年01月07日 22:38
  • マヤ菜

    いい動画ですね。ろくなコメントしないので今年はやめようと思ってましたけど、性懲りもなくお邪魔しました。AL-MAUJはどの歌唱も特別安定していましたけど、これはとても落ち着いていていい動画です。ありがとうございます。
    2019年01月08日 21:50
  • Alex

    あけましておめでとうございます
    早速Itune storeにて音源を購入しました。
    情報ありがとうございました。
    2019年01月10日 01:22
  • まさ

    >>けんさん
    80年代はやっぱり別格といえるぐらい素晴らしかったですよね。
    洋楽についてもそれほどファンではなくても知っている曲は多かったし、耳にする機会も多かったです。
    2019年01月13日 18:44
  • まさ

    >>マヤ菜さん
    ろくなコメントなんてこと全然ないですよ!これからもどんどん書き込んで下さいね。
    この「AL-MAUJ」は、1988/4/1放送「華麗にAh!So」なんですが、だいぶ歌い慣れてきて落ち着いていますよね。
    2019年01月13日 18:49
  • まさ

    >>Alexさん
    iTunesで購入されたんですね!
    デモ音源だけあって歌詞もまだ出来上がっていなくて「寒い、寒い、寒い」と歌っているだけなんですよね^^;
    2019年01月13日 18:55
お知らせ2019年7月2日に実施されたBIGLOBEによるブログ全面リニューアル以降、システム側の不具合によりコメント書き込み時にエラーが発生する場合があります。ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。