週刊ポスト 「孤独の研究 中森明菜とその時代 (第6回)」

週刊ポスト(2013.9.6号)『孤独の研究 中森明菜とその時代 (第6回)』

画像


・ワーナーパイオニアの元制作ディレクター島田雄三氏へのインタビュー
当時、洋楽こそ強かったがアイドル歌手を育てた実績がほとんどなかったワーナーとして、どうしても明菜を獲得したかった。当時の研音社長がかつて日本テレビの社員でもあったスタ誕のプロデューサー池田文雄(故人)と親しかったことも明菜を獲得できた理由の一つでもあった。

・明菜の元マネージャー名幸房則氏へのインタビュー
「少女A」の発売直後に明菜の担当マネージャーとなり、6年間明菜のマネージャーを務めた。初対面の明菜はとても礼儀正しく、噂とは違うじゃないかと安心していたが、10日も経つとその美しい誤解は破たんした。
衣装が気に入らない、出演する番組の内容が気に入らない、周囲のスタッフの態度が気に入らない、その度に明菜は荒れた。
しかし、それこそが明菜のセルフプロデュース能力だったのかもしれない。
明菜と取っ組み合いのケンカをした。
歌番組の収録中にアレンジ(服部克久が担当)が気に入らないと、歌うのを放棄してしまった。服部克久が大激怒し、名幸はひたすら頭を下げまくった。
同期アイドルとのグラビア撮影で、フリフリの衣装に納得できず現場を放棄。こういう仕事(かわいさ強調の演出)が嫌いなこと、露出度の高い衣装、男性に媚を売るようなポーズに嫌悪感を抱いていることを名幸は知っていた。名幸は明菜に素直に頭を下げ、次の現場である音楽祭に向かった。

今週は、明菜さんの元ディレクターと元マネージャーへのインタビュー記事でした。

それにしても、名幸さん、本当に6年間お疲れ様でした・・・。

確かにこの記事だけを読んでしまうと、明菜さんは噂どおり本当にわがままでつっぱっていたんだって思っちゃう人いるかもしれませんが、名幸さんも言っているとおり、このわがまま(自己主張)があってこそ、後の明菜さんのセルフプロデュース能力につながっているのはファンであればわかりますよね。

単なるわがままではなく、理由のあるわがままであれば、周りのスタッフはそれを全力でサポートするのがプロとしての仕事だと思いますけどね。

次号(2013.9.13号)は、9月2日(月)発売です!


《関連記事》
週刊ポスト 「孤独の研究 中森明菜とその時代 (第1回)」
週刊ポスト 「孤独の研究 中森明菜とその時代 (第2回)」
週刊ポスト 「孤独の研究 中森明菜とその時代 (第3回)」
週刊ポスト 「孤独の研究 中森明菜とその時代 (第4回)」
週刊ポスト 「孤独の研究 中森明菜とその時代 (第5回)」
週刊ポスト 「孤独の研究 中森明菜とその時代 (第6回)」
週刊ポスト 「孤独の研究 中森明菜とその時代 (第7回)」
週刊ポスト 「孤独の研究 中森明菜とその時代 (第8回)」


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 40

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • 馬ノ助

    それこそが『中森明菜』ですよ。アイドルの固定観念を超えた人。
    当時としては異質だったかもしれないけど、時代が彼女についていってなかっただけ。
    2013年08月31日 22:10
  • えふ

    まささんは既にご存知かもしれませんが「ザ・ベストテン」を手掛けた元TBSプロデューサーの山田修爾さんが28日に逝去されました。ベストテンの制作秘話を書いた著書で、多くのページを割いて明菜さんを語ってくださった方でした…。もし安田氏が、まだ山田さんにインタビューをしていなかったとしたら、大きな損失ですね。
    2013年08月31日 22:57
  • yuki

    まさ様、こんばんは。

    買い忘れていました(・_・;)

    今回の内容は面白そうですね。

    百恵さんのファイナルコンサートで指揮をされていた服部克久さんにまで主張する明菜さん、流石です。

    誰にも媚びない明菜さんカッコイイです。

    少女Aの「私は 私よ 関係ないわ」ですよね。

    当時、明菜さんと関わった皆さんがちゃんと明菜さんの事を理解して「単なるワガママではなく理由のあるワガママ(主張)」と言ってくれるのが、嬉しかったです。
    2013年08月31日 23:35
  • むと

    はじめまして。
    正直この記事を読んだ時はショックでした。
    EX大衆でマキタさんが山田さんにインタビューした際に、わがままという噂を聞いてたが、そんな事は全然なかった。ベストテンの演出には口出ししなかったというのを聞いてたんで。今回の記事でやっぱりすごいわがままだったんだなと軽くショックでした。理由のあるわがままというのは分かりますけど。
    でも、取っ組み合いになったというくだりが、なんかかわいいなと思いました。
    若い時の明菜さんはパワーがありますね。
    このときの元気を少しでも取り戻して欲しいです。
    2013年09月01日 04:34
  • マヤ菜

    前の会社で言われました。嫌なことされたら、どうして仕返さないのかと。
    そこにいる覚悟があるなら、主張は大事なんですよ。誰かに悪く言われるときは、100あったとしても10くらいしか言われないけど、2、3つあったら10や20に膨らませて言われるんですから。
    だからと言って明菜さんはポリシーでイジメとかそういう悪いことはしないんです。偉い人への横暴はどうかと思いますけど、顔を世間に出して本名で勝負する覚悟が10代の娘で出来ていたことが凄過ぎます。やっぱり牽引力っていうのかな?カリスマだったんですよね。過去形になっちゃった(^_^;)
    2013年09月01日 10:23
  • nagai

    ●年上の女性マネージャーがいたら
    良かったのになぁ、と思います。
    同性として、くだらない仕事のオファーは
    断ってくれたんじゃないかと。
    名幸さんの前にも、マネージャーが2名交代してますが、
    2月の海で、水着撮影をさせたり、
    「今日の下着の色は?」などと聞いてくる
    ゲスな雑誌のインタビューを引き受けた
    アホなマネージャーだったそうです。
    明菜は悪くない。(笑)
    2013年09月01日 12:39
  • まさ

    >>馬ノ助さん
    「アイドルとはこうあるべき」というのを覆しましたよね。それまでの可愛くて、何でも笑顔で「ハイ、ハイ」って答えるようなアイドル像とは違うベクトルを行ってましたから^^
    でも、それがあったからこそ、歌謡界のトップにまで登りつめることができたんですもんね。
    2013年09月01日 22:27
  • まさ

    >>えふさん
    山田修爾さんの死去のニュースは、本当にびっくりしましたし残念で仕方ありません。明菜さんもきっとショックを受けているでしょうね…。
    もう一度「ザ・ベストテン」のスペシャル番組を作って欲しかったです。
    2013年09月01日 22:32
  • まさ

    >>yukiさん
    服部克久さんとのエピソードを読んで、全盛期(80年代)にMフェアにほとんど出演しなかった訳がなんとなくわかりました^^;
    それにしても、寿命の縮まる思いだったでしょうね…名幸さん。
    2013年09月01日 22:41
  • まさ

    >>むとさん
    ザ・ベストテンに関しては、明菜さんも番組スタッフにおまかせ(信頼)してたんじゃないでしょうかね。
    もし口出ししてたら「飾りじゃないのよ涙は」の時のゾンビ演出はありえないでしょ^^;
    でも、基本的に明菜さんの時はヘンテコなセットとかってなかったですよね!?
    2013年09月01日 22:46
  • まさ

    >>マヤ菜さん
    落とされても落とされても、何度も這い上がってくる根性娘ですから、歌手としての覚悟が違うのでしょうね。
    誤解をされることも多いけど、わかってくれる人はちゃんとわかってくれますから、これからももっともっと中森明菜を極めていって欲しいです。
    2013年09月01日 23:14
  • まさ

    >>nagaiさん
    あの当時は、アイドル歌手に今のグラビアアイドルみたいな仕事をはじめ、いろいろなことをやらせてましたからね…。
    テレビ番組も週刊誌も今では考えられないほど、ぶっ飛んじゃってましたから、そういう時代だったんでしょう^^;
    2013年09月01日 23:18
  • まゆみん

    今回も読み応えありました(笑)
    前に某番組で、全盛期の明菜ちゃんのプロデュースして方のコメントで『全盛期の中森明菜は今でいうレディーガガだ!ファッションや振り付けは先をいっていた。』と誉めてた言葉を思いだしました。わがまま=自分勝手ではなく! 私達ファンに…最高のファッション&歌を届けてくれてた陰には 強い主張も必要だったのでしょう。さすが、歌姫 中森明菜です(*^_^*)
    2013年09月02日 07:08
  • meme^^

    お邪魔致します!<(_ _)> この連載とても気になってはいたものの 手にはしていませんでした><; 、、が 昨日いつも行く本屋さんで立ち読み^^; あそこのミニフリ明菜ちゃんを追いかけての“こういう仕事が違う事 あなたが一番知ってる筈なのに。。。”(すみません!文章違います^^;)を読んだ時明菜ちゃんの表情と心情を思うとギュッときて 立ち読みしているのに涙がグワッと出て来てちゃいました。  実は私 愛撫以降から離れていた出戻りファン(なんて烏滸がましいのですが≧≦:) 子供時代でなく今の歳になって知れば知るほど明菜ちゃんが凄すぎて 嬉しかったり淋しかったり^^  で、思うのが きっと今頃静養よりも次の仕事の仕込みで大忙しかも、、、です^^ いきなりの長文本当にごめんなさい!≧≦; また遊びに来たいです!   
    2013年09月03日 15:26
  • apple

    服部克久さんにインタビューして欲しいかも。達郎さんやまりやさんのストリングスアレンジはほとんど彼のものだし。(品があって好きなアレンジ)

    昔は歌番組も生演奏でものすごくスローテンポになってたり変なリズムパターンになってたり歌いにくそうだった。そういうのはバンドがついて解決したんでしょうけど。
    2013年09月05日 00:25
  • モナリザ

    私の周囲の人々もそうですが、それなりに自分のポジションを確立している人は大なり小なり自己主張ができ、他人に流されない、時には大喧嘩も辞さない人が殆どです。増して芸能界ですからね。
    天才的な閃きのある明菜さんだから、自分の考えを貫き、衝突することもあると思います。確かにファンとしては、もう少し容量の良さがあってくれればとも思いますが、不器用さも明菜さんの魅力。悪意のある人ではないですからね。個人的に思うのは時々でいいから作曲家でもプロデューサーでも、スゴイと言われる大御所さんのアドバイスを請うてみてほしいです。探し物や落とし物が、見る目が変わると見つかることもあるように、大発見があるかもしれません。1人でできることはいかな天才でも限度があると思うし…。
    あと、担当マネさん、大変だったでしょうが暴力はダメですね。
    2013年09月06日 12:03
  • >>名無しさん

    あなたは業界(芸能関係)の人ですか?
    2013年09月07日 16:37
  • goddess'AKINA

    まささん「孤独の研究」情報をありがとうございます。私個人はあの当時の明菜さんの「我が儘」と言われているものは表現者として必要不可欠なもので、明菜さんが自己を表現する為には不可避で有ったと考えていますし、事実きちんと結果を残しておられますもんね。なので世間一般で「明菜は我が儘だ、生意気だ」との意見が有る中、私の解釈とはズレが有りますから世間の声には違和感を感じています。あくまでも明菜さんが我を通したのは、より良いものを作りたい、伝えたいとの思いから至ったことだと思っています。まあ、天才はいつも孤高で孤独なもの。私達ファンがきちんと理解し受け止めてあげられれば良い事ですね(^^)。今回名幸元マネージャーさんの貴重な明菜さんのお話が読めて嬉しかったです。今後も当時の明菜さんのエピソードを読みたいですね(勿論取材先は厳選して、以前の様な匿名の有象無象は要りません^^;から)。
    2013年09月07日 22:14
  • しんじ

    名無しさん

    ここのコメント欄に明菜さんの、良くないことを書くのはやめて下さい。ここは明菜さんの事を好きな人が集う、憩いの場です。

    ここに、明菜さんの良くないことをコメントしても、誰も信用する事ないです。
    2013年09月08日 10:32
  • まさ

    >>まゆみんさん
    ほんと、明菜さんは今でいうところのレディーガガみたいな感じですよね。毎回、色々な衣装と振り付けで楽しませてくれました。
    ガガほど奇抜ではないけれど、明菜さんのセンスは時代を先取りしてましたよね^^
    2013年09月08日 18:49
  • まさ

    >>memeさん
    出戻りファンだろうが何だろうが、明菜ファンには変わりないですから大丈夫ですよ^^
    若干17歳にして、周りの大人たちと戦い続けてきた明菜さん。
    時には色々なプレッシャーに押しつぶされそうになりながらも頑張って来た明菜さん。今は休息の時ですが、またいつの日か我々に素晴らしい歌を聴かせてくれることを待っています。
    2013年09月08日 19:01
  • まさ

    >>appleさん
    明菜さんと服部克久さんの対談とかも見てみたいです…「僕らの音楽」あたりで^^
    30年も経てば、きっと懐かしい思い出でしょうし、色々な話しができるんじゃないでしょうかね。
    その前に、明菜さん「そんなことありましたっけ?」って忘れてそうな気も…忙しすぎて記憶にないかなぁと^^;
    2013年09月08日 19:05
  • まさ

    >>モナリザさん
    才能のある人がアイドルとしてデビューしてしまったがために、自己主張をすると「生意気だ」とか「我儘だ」とか言われてしまった部分はあると思います。
    「たかがアイドルが何言ってんだ」って。
    それでも心折れることなく自分の主義主張を貫いてきたからこそ、歌謡界の頂点にまで上り詰めることができたんですもんね。
    これからも明菜さんの思う通り、活動して行って欲しいです。
    2013年09月08日 19:13
  • まさ

    名無しさんのコメントについては、明菜さん及び他のアーティストへの誹謗中傷と判断し、削除させて頂きました。
    2013年09月08日 19:18
  • まさ

    >>★さん、しんじさん
    名無しさんのコメントは削除させて頂きました。
    不快に思われた方、申し訳ありませんでした。
    2013年09月08日 19:20
  • まさ

    >>goddess'AKINAさん
    「天才はいつも孤高で孤独なもの」…まさにその通りです!!
    自分が正しいと思うことを続けてきたからこそ、数々の名曲が生まれ今の明菜さんが有るんですから。
    これからも良い意味で「我儘=こだわり」を貫き通して欲しいです。
    2013年09月08日 19:36
  • マヤ菜

    「明菜さんで一山当てて錦を飾る!」
    今のセールスでは実際問題、
    作家の方たちも明菜さんの看板で
    昔ほど名をあげるのは難しいかもしれません。
    最近は明菜さんのシングル曲自体が昔のような
    「ランキング番組で1位を飾る」といった
    スタンスの歌ではない気もしますけど、
    明菜さんも僕達も「This is AKINA!」しか待ってない!
    そういっても過言ではないと思うのです。
    今までの大ヒット曲はどれも「This is AKINA!」でした。
    中には不遇の傑作、「APPETITE」のようなケースもありますが、
    広く世に出る作品を提供される熱い作家さんとの出会いを
    期待しています!
    2013年09月08日 20:37
  • apple

    まささんこんばんは。
    服部克久さんはレコード大賞の選考委員でもいらっしゃるので
    ストイックに独自の世界を作り上げていった中森明菜を見守ってくださったのではないでしょうか?ストリングスと言ってもそれぞれのアレンジャーごとに細かな特徴がありますからね。フルオーケストラアルバムを作る際にすばらしい力量を見せてくださった千住明さんの色、服部克久さんの息子さんの隆之さんのアレンジも親子と言えど音の色がまったくちがいますし。
    モノを作る過程でのいろいろな摩擦を想定しているからこそ、昨今の音楽業界でも厳しい情報解禁の期日が設けられていると思うのですが。ぽっと湧き出るように人を感動させるものが作られればいいのですけど、表現する人とそれを支える人たちの身を削るようなさまざまな葛藤を忘れたくはないです。
    2013年09月08日 22:57
  • goddess'AKINA

    こんばんは。まささんいつもお返事をありがとうございます。私は明菜さんは職人気質なところと、しなやかさの両面をお持ちの方だと思っています。ただ、その職人気質なところが時として柔軟性を失い、結果として周りのスタッフさん達と衝突してしまう事も有ったのでしょうね。私はクリエイティブな職業の方はそれで良いんじゃないのかなって思っています。私は明菜さんにはこれからも周りの方のご意見に耳を貸しつつも決して世間におもねる事なく、自分の感性を信じて有る意味頑固な職人さんでいて頂きたいなぁと思っています。正に「私は私よ、関係ないわ」の心情ですね(^^)。
    2013年09月12日 00:01
  • まさ

    >>マヤ菜さん
    明菜さんのことを良く知らない世代の作詞・作曲家さんたちもたくさんいるでしょうから、そういう人だからこそ書ける、明菜さんの新しい一面を引き出してくれるような楽曲にめぐり逢えるといいですよね。
    「DIVA」はそんな感じがしたアルバムでした。
    2013年09月15日 20:12
  • まさ

    >>appleさん
    こういう当事者のインタビュー記事を読むと、当時の制作側の苦労がよくわかりますね。一丸となって良いものを作ろうとすれば、アーティストやスタッフが衝突し合うのは当然のことで、だからこそ皆の心をゆさぶる音楽が出来上がるんだろうなと。
    生みの苦しみは僕のような一般人には想像できない世界です。
    2013年09月15日 20:18
  • まさ

    >>goddess'AKINAさん
    明菜さんは、ほんと職人気質ですよね。はっきり言って相当頑固者だと思います。ってお前が明菜さんの何を知ってるんだと言われそうですが^^;
    でも、僕は全然それでいいと思ってます…「頑固、おおいに結構!」って感じです。
    音楽に限らずですが、妥協して作られたものはやはり人を感動させられないと思いますし、そういうのは後世には残らないですからね。
    明菜さんが納得できるものができるまで何年でも待ちますとも^^
    2013年09月15日 20:24
  • goddess'AKINA

    こんばんは。まささんお返事をありがとうございます。全くまささんの仰る通り、妥協して創られたものは結局は残らないのだと思います。私は明菜さんにはご自身の作品をいつまでも愛していて欲しいのです。そして、私達ファンもそんな明菜さんと明菜さんの作品を愛し続けて行きたいですよね(^^)。ですから、私も明菜さんが作品に自信をもって私達に届けてくださるまで何年でも待たせて頂きますよ!とことん!
    2013年09月15日 23:20
  • マコリン

    明菜様は、不世出の歌姫!プロ野球界で例えて、申し訳ありませんが、イチローの様な人である!
    2013年11月13日 18:40