「細野晴臣の歌謡曲」&オリコン情報

中森明菜さんの「禁区」を手がけた細野晴臣さんのCD-BOX「細野晴臣の歌謡曲~20世紀BOX -細野晴臣提供楽曲集-」が4月29日にリリースされます。

細野晴臣さんが手がけた中森明菜さんの楽曲は、

「禁区」
「ルネサンス~優しさで変えて~」
「モナムール(グラスに半分の黄昏)」
「100℃バカンス」


4作品。

ちなみに当時、「禁区」とシングル候補曲として競っていたのが、後にYMO(イエローマジックオーケストラ)のシングルとしてリリースされた「過激な淑女」でした

↓こちらがYMO「過激な淑女」
夜のヒットスタジオに出演したときの貴重な映像です。
踊る3人にご注目!


実は、中学生の頃、友達の影響でYMOのレコードを良く聴いてて、アルバムをはじめ「過激な淑女」のレコードとか結構持ってました

今でも、実家の押入れの奥にしまってあるんじゃないかなぁ・・・。

それにしても、当時18歳の明菜さんのシングルで「過激な淑女」はないでしょう・・・

今の明菜さんなら合うかもしれないけどネ


細野晴臣の歌謡曲~20世紀BOX -細野晴臣提供楽曲集- 
エイプリルフールから40年目の集大成。細野晴臣の提供楽曲がひもとく日本の20世紀音楽~歌謡史のアーカイヴス。
1969 年、エイプリルフールでデビューしてから40年の間に細野晴臣によって作曲された200曲を越える楽曲から、細野本人が厳選し選曲した114曲(予定)が 6枚のCDに収録される。『天国のキッス』『ガラスの林檎』『ピンクのモーツアルト』松田聖子、『紐育物語』森進一、『禁区』中森明菜、『風の谷のナウシカ』安田成美、『赤道小町、ドキッ』山下久美子、『ハイスクールララバイ』イモ欽トリオ、『月下美人』松本伊代、『ユー・メイ・ドリーム』シーナ&ザ・ロケット、『紅い花、青い花』薬師丸ひろ子、『連れてってファンタジェン』小泉今日子、『青空挽歌』裕木奈江など、ヒット楽曲ももれなく網羅。20世紀の日本の音楽シーンの中心をになった歌謡曲からJ-POPの歴史をひもとく、第一線級の資料としても貴重な価値を持つ。
全曲のリマスタリング作業、そして大きな資料的価値を持つブックレットの編集まで、すべて細野晴臣が責任監修。まさに、決定版といえる細野晴臣の歌謡/ポップ・ミュージックのBOXセット。

■商品形態
- DISC1-DISC6 6枚組CD ※仕様体裁:トール・サイズ・パッケージ
- 豪華ブックレット144P(予定)
■ブックレット内容
細野晴臣序文/細野晴臣ロングインタビュー~楽曲解説/収録データ/オリジナル・ジャケット図版 etc
※こちらの商品は初回生産限定商品となります。





最後に、「フォーク・ソング~歌姫抒情歌」のオリコンアルバムウィークリー6週目のランキングです。
なんとか今週も300位内をキープしています。
来週は300位圏外かなぁ・・・。


オリコンアルバムウィークリーランキング
フォーク・ソング~歌姫抒情歌

・01/05・12付(2週合算) *30位 13,624枚
・01/19付 *96位 *1,450枚
・01/26付 133位 *1,023枚
・02/02付 221位 **,746枚
・02/09付 268位 **,655枚(累計17,498枚)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • R45の男性

    まささん、こんばんは(^^)/
    YMOのこの曲が明菜さんのシングル候補曲だったのですか~。初めて知りました!まささん、さすが!「過激な淑女」か~。まるで化粧品会社のイメージコピーみたいですね!明菜さんのYMOの提供曲は坂本龍一さんの曲もありますね。確かレコード会社移籍第1弾の曲です。以前まささんもこのブログでコメントされたように正直、あの曲は、ヒットする曲ではなかったですよね・・(-_-;)。細野さんの「禁区」も今聴くと「80年代の曲だなあ」と正直思います。(=悪い、といっているわけではないですよ~)明菜さんが最近のDSで歌わないのも頷けます。
    話は変わりますが、「TBSチャンネル」は私はケーブルテレビで視聴しておりました。
    12月の「レコ大」と今回の「ワイン紀行」、いいぞ!TBS!と思っております。
    2009年02月06日 22:11
  • まさ

    >>R45の男性さん
    こんばんは~^^そういえば「過激な淑女」の前作「君に、胸キュン。」はカネボウ化粧品のCMで大ヒットしましたね。「過激な淑女」はCMか何かに使われてたのかなぁ・・・記憶にない・・・
    坂本龍一さんの提供曲は「Everlasting Love」ですね。この曲、ライブで歌わないけど、明菜さん好きじゃないんですかね。
    「ワイン紀行」は、遅くなってもいいから地上波で放送してくれるといいんですけど・・・。TBSは結構明菜贔屓してくれるので今後も要チェックです
    2009年02月06日 22:55
  • R45の男性

    まささんへ
    「過激な淑女」は「君に、胸キュン。」の後の曲ですか?83年の秋、「禁区」とほぼ同時期の曲だったのでしょうか?YMOの3人は当時の10代、20代にとって音楽・ファッション等影響を受けられたのかな?1983年は私が上京した年。当時FMはまだ2局だったかな?私にとって、民放ラジオが4局聴けたのが嬉しかったのですよ・・。

    先日、実は今まで聴いていなかった「歌姫3」を借りて聴きました!(=今頃!^^;)その中で「愛はかげろう」と「恋の予感」はよかった~。明菜さんの歌も曲のアレンジもいい!「歌姫シリーズ」をあまり聴こうとしなかったことに今、大変後悔しております・・。
    まだ噂の域を出ない「フォークライブ情報」の情報をお待ちしております!
    2009年02月07日 02:06
  • Fan ♀

    まささん:
    Good Day.
    Hoping everyone who likes Akina as their wish will be able to watch the 「中森明菜のオーストラリアワイン紀行」in March.
    2009年02月07日 06:39
  • ネコグス

    YMO「過激な淑女」は明菜さんのボツ曲に松本隆さんが詞を付けた作品です。
    元々は売野雅勇さん作詞でタイトル・アレンジも違うはず。(作詞は予定だったかも?)
    「明菜さん側が曲を気に入らず、細野さんが持ち帰ってYMOでリリースした。」と数年前、売野さん御本人がラジオで語っていました。
    2009年02月09日 19:23
  • まさ

    >>R45の男性さん
    当時、YMOは「君に、胸キュン。」のヒットで若い人たちの間でも流行っていたと思います。かなり歌謡曲寄りの曲だったこともあったんじゃないでしょうかね。
    僕も「歌姫3」では、「愛はかげろう」「恋の予感」好きですよ~。あと「踊り子」「NO MORE ENCORE」とかも。「NO MORE ENCORE」は当時はあまりピンとこなかったんですが、オフ会とかのカラオケで他の人が歌うのを聴いて好きになりました^^
    2009年02月13日 20:39
  • まさ

    >>Fan ♀さん
    「中森明菜のオーストラリアワイン紀行」のタイトルが、「中森明菜のタスマニア紀行」に変更になったみたいです。オーストラリアの大規模な山火事のせいかもしれませんね。
    無事にロケが出来ているといいんですが。
    2009年02月13日 20:41
  • まさ

    >>ネコグスさん
    貴重な「過激な淑女」の制作秘話ありがとうございます!もともとはアレンジも歌詞も違っていたんですね。まったく知りませんでした。確かに「過激な淑女」の内容じゃ明菜さんのイメージとはかなりかけ離れていますもんね^^;
    2009年02月13日 20:47