明菜流レコーディング

UNBALANCE+BALANCE+6

アンバランス+バランス」発売当時の雑誌インタビューより。

歌入れのとき、いいところだけをつなぎ合わせて、歌を切り貼りにする人も多いですけれど、私はヘンにそういうところだけプロ意識がすごくあるんですよ。歌手のクセに、そんなに歌をいじられて、本番で歌ったら、全然そんな歌い方はできない、なんて絶対にイヤだから。歌入れのときも、気になるところがあったら、「また最初から歌わせてください!」って。何回かやっていたら、酸欠になっちゃった。で、スタジオで横にならせてもらったこともありました。

明菜さんらしいですね
よく、CDとライブで歌い方(上手さ)が全然違うアーティストがいますが、明菜さんの場合はそういうことがほとんどありませんでした。
逆にCDよりもライブのほうが良かったりすることはありますが

6月27日発売の「艶華-Enka-」のレコーディングは順調に進んでいるのでしょうかね?
酸欠でスタジオで横になってなければいいんですが


↓Amazonでは、初回盤Aが15%OFFになります!
艶華-Enka-(初回盤A)(DVD付)
艶華-Enka-(初回盤B)
艶華-Enka-


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • だいちゃん929

    Good-bye My Tearsなんていつぞやの会報でワンテイクでオッケーだったってかいてありましたよねぇ。さすがのプロ根性のコメント。まだまだ将来性大の明菜さんの歌に期待大でございます。
    2007年06月02日 00:10