1992年と2000年

1992年2000年・・・。

この数字を見てピンときた方は、さすがです
実は、この1992年と2000年というのは、明菜さんのシングルリリースがなかった年なんです。
1982年~1988年までは、年3枚ペース(84年と85年は年4枚)でシングルリリースをしていましたが、それ以降は不定期リリースとなっていきました。

1992年は、デビューから所属していたワーナーからMCAビクターへのレコード会社の移籍があったためにシングルリリースがありませんでした。

2000年は、3つめのレコード会社であるガウスとのゴタゴタがあり、次のレコード会社が決まらずシングルをリリースすることができませんでした。

その後は、インディーズを経て現在のユニバーサルに落ち着くわけですが・・・。

そのユニバーサルとは、もちろん現在も続いていて、ワーナー在籍期間(約9年)に次ぐ丸5年(6年目)となりました。
前身である、MCAビクター在籍時を含めれば丸9年です。

できればこのままユニバーサルでマイペースな作品づくりをしてもらえたらなと思います。
もう、2001年の時のような思いはたくさんですから・・・。


↓Amazonでは、初回盤Aが15%OFFになります!
艶華-Enka-(初回盤A)(DVD付)
艶華-Enka-(初回盤B)
艶華-Enka-


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 田中

    昨日のタイトル分析も、
    今日のシングル発売の統計も、
    さすがまささんという感じで、
    恐れ入りました。
    僕は明菜さんファンになってから
    まだ日が浅いので、
    インディーズからシングル発売されたと
    聞いた時も、
    明菜さんの持つ
    芯の強さみたいなものを感じ、
    逆に凄いと関心したのを
    覚えています。
    売り上げが多い少ないだけで、
    楽曲や歌手の評価を決めてしまうのでは
    少し悲しいですよね。
    まささんのおっしゃる通り、
    今のマイペースで、
    明菜さんの納得のいく作品作りが
    このまま続くと良いと思います。
    2007年05月13日 19:10