レコ大 大晦日から撤退

レコ大撤退 大晦日の顔から“転落”

 TBS・MBS系が大みそかに放送していた「日本レコード大賞」(主催・社団法人日本作曲家協会/日本レコード大賞制定・実行委員会)が今年は番組内容を大幅モデルチェンジ、12月30日に「第48回輝く!日本レコード大賞 スペシャル音楽祭2006(仮題)」(東京・初台の新国立劇場中劇場)として放送されることが31日、同賞事務局から発表された。国民的人気を誇っていたレコ大が低視聴率のため、大みそかの主役からついに“転落”した。
 今年で48回を数える伝統あるレコード大賞。59年の発足当時は年末に行われていたとはいえ、開催日はバラバラ。歌謡曲人気の高まりとともに大みそかに固定されたのが1969年。以来、36年間にわたり、NHKの紅白とともに“大みそかの看板”として放送されてきたが、近年の低視聴率もあり、ついに“落城”した。
 平均視聴率の最高は沢田研二が「勝手にしやがれ」で大賞を獲得した77年の50・8%。89年からNHKが紅白を午後7時台から放送すると、視聴率はジリ貧。さらに民放他局が格闘技路線に転向してからは、ついに10%台に低迷。昨年は史上最低の10・0%となり、番組の抜本的改革ならびに放送日の変更がTBS内でもささやかれていた。
 同大賞事務局は「アーティストの皆さんに負担をかけないことも考慮して変更を決めました」という。大みそかに紅白とレコ大を掛け持ちする出演者の負担を軽くし「従来の内容をさらにグレードアップ、魅力ある超豪華な音楽祭として、新たな一歩を踏み出すことになりました」と、放送時間枠の延長も検討しているという。
 同局の宣伝部は「この件に関して基本的にコメントすることはありません。(大みそかの)編成もまだ何も決まっていません」としているが、従来のレコ大枠、大みそかの午後6時から約3時間がポッカリ空く。タイトル奪取に成功した亀田の防衛戦を中継する余裕は十分あり、従来午後9時から放送しているK-1もその枠を使って自由に動かせる。いずれにしても、高視聴率を稼ぎ出す格闘技の前に伝統のレコ大は“大みそか”の顔をついに明け渡した。
(デイリースポーツ)

なんか中途半端な改革だなぁ。。。

いっそのこと「FNS歌謡祭」のように“脱・賞レース”にするか、賞レースにするのであれば「ゴールドディスク大賞」のように選出基準が明確で、純粋に売り上げのみで大賞を選び、出演しようが辞退しようが関係なく選ぶようにすればいいのに。

視聴率が低迷してきているのは、単純に誰もが納得する内容ではないからでしょうに。レコード売り上げが10万枚ちょっとの歌手が大賞を獲り、ほとんどテレビに露出したことのない新人歌手が最優秀新人賞を獲り、偏ったレコード会社からしかノミネートされなかったら、そりゃぁ見るほうは面白くもなんとも思いませんよ。

それと、30日にずらせばアーティストのスケジュールも押さえ易く出演してもらえるかもというのは安直すぎやしませんか!?いくらスケジュールが空いていても、出演する価値のない番組に出演するアーティストっていないんじゃないかな・・・。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • トピには関係の無い事だけど、ここの欄外に「僕らの音楽」ってあるけど、明菜ちゃんに出てもらいたいと切望している番組ですよね。きっと出ることないと思います。グランキューブのMCで「ジャ○ーズ事務所に嫌われてる!」という発言をしていたので(司会が草○剛くんなので)。去年のベストテンに出られなかったのもあちらこちらで憶測されていたとおりだったのかも。紅白に関しても「衣装まで作ったのに…」と言っていましたし、ファンの憶測は事実だったのかも。
    2006年08月03日 08:13
  • ちょっと中途半端ですよね。あまり改革とは言えないような気がします。
    かといって、ゴールドディスク大賞やFNS歌謡祭と番組の趣旨がかぶってしまうのもどうかと思いますし・・。アメリカのグラミー賞も選考はすごく曖昧ですよね。よく言えば誰が獲るかわからない。レコ大もちょっと前までは権威ある賞だっただけにもったいないと思います。
    2006年08月03日 09:57
  • レコ大の失墜、ついにここまできましたか。やはり70~80年代の頃が、この賞の黄金時代だったでしょうね。同様に、歌謡界も面白かった。欠席者が続出した時期は見るに堪えないものでした。TBSには色々と批判が多いですが、ベストテンのような素晴らしい番組もあったのですから、頑張って欲しいものです。
    2006年08月03日 10:24
  • マッスー

    tbsチャンネル(スカパー)で、70年代のレコ大を見てきましたが、毎回毎回、その年を反映する楽曲が選ばれていることを感じました。また、迫力あるフルバンドの演奏と、圭三さんの泣かせるコメントという具合に、感動あふれるものであったと感じました。今は、選曲の基準もなんだかよく分からない、演奏もほとんどは味気ないカラオケという具合に、熱気も感動も冷めてしまった感じがしますよね。
    2006年10月20日 19:51