CHALAZA カラザ



明菜さんが人気絶頂期に主演した映画「愛・旅立ち」。
当時、同じく人気絶頂だった近藤真彦との共演で話題になりました。
ドラマは数多く出演していますが、映画となるとこの1作だけというのはちょっと意外かも。

今回は、その「愛・旅立ち」の中で近藤真彦とデュエットで歌われた「CHALAZA カラザ」という曲をご紹介します。

CHALAZA カラザ (作詞 恩田久義)

やわらかな心だけ 忘れずに残したい
思い出がまたひとつ 流れた夜は
いたいほど感じる みつめあう瞳に
この愛だけがもう 命なんだと

泣き虫な横顔が 月影に照らされる
今日じゃなきゃ逢えなかった
この恋だから
手のひらをこぼれた 砂のようにきらめき

このまま眠りたい二人きりで
二人きりで 二人きりで・・・




この記事へのコメント

  • nagai

    こんにちは。オリコン・データを含め、
    楽しませて貰ってます。
    映画「愛・旅立ち」・・・懐かしいな。
    最初のシナリオは、「天の愛」という
    タイトルだったそうです。

    ちなみに、「サラザ」ではなくて、
    「カラザ」と発音するようです。
    『絆』の意味。

    「卵の中に入っている、糸のような
    もの」カラザと言いますよねー。
    ではでは。
    2006年02月22日 20:29
  • まさ

    nagaiさん、どうもです。
    サラザはなくカラザでしたか。
    今、調べてみたらこの言葉はラテン語なんですね。
    2006年02月22日 21:52