明星 YOUNG SONG(ヤンソン)シリーズ 第6弾



ヤンソン・明菜第6弾。

特徴のあるテクノサウンドは、ご存知、細野晴臣の作曲。

これほど特徴的な曲でも、明菜さんが歌うことによって明菜色にしてしまうのはさすが!

昨年(2004年)のツアーでは、この曲は嫌いと発言していましたが、ファンの間では結構人気のある曲の気がします。

明菜さん曰く、この曲はアレンジがかなり特徴的なために、ライブ等の選曲をする時にグループ分けしづらいから嫌いというようなことを言っていましたが本当のところはどうなんでしょう・・・。

もうこの先、(この曲を)歌うことはないでしょうと、冗談とも本気ともとれる発言もしていましたし。

まぁ、この曲に限らずライブで全く披露したことのない曲はたくさんあるので、今年の歌姫ライブの「アサイラム」のように懐かしく、かつ、あまり歌ったことのない曲たちにもスポットを当ててもらいたいものです。


この記事へのコメント